長期的な浮気の調査配偶者の浮気を疑った場合、その決定的証拠を突き止めたくなるものだと思いますが、自力での調査には限界があり難しいものです。
 
 
浮気をしている人はそれを絶対にばれないように気を付けるものなので、証拠を残さないことや、見られたくないものは絶対に肌身離さず持ち歩くなどスキをみせないことが多いからなのです。

浮気調査は長期化しやすい

浮気調査でオーソドックスな方法といえば、携帯の履歴を見るのが一目瞭然ですが、浮気をしている人のほとんどは、携帯にロックをかけていますから、パスワードがわからなければ調べることもできません。
 
 
ですから、浮気の確固たる証拠を突き止めたい場合には調査能力の高い探偵にその浮気調査を依頼することが最適なんです!
 
 
浮気調査方法は尾行になることが多いわけですが、ターゲットの習慣や一日の行動、曜日による行動など細かなことを事前に調査員に話し、様々な情報を伝えることでその証拠つかみは確実なものになりやすいです。
 
 
その浮気調査の平均的な日数としては1週間が多いのですが、これは平均的なものですので、その内容やその後の夫婦関係をどうしていくかで長期的な調査になる場合があります。

浮気の証拠が大切

浮気の証拠をつかむことでその配偶者に離婚までいかずとも浮気相手と別れさせ、それなりの罰を与える場合だと平均的な調査日数になることが多いですが、その証拠を押さえたうえで離婚をする決意の場合にはもっと長期になることが多いのです。
 
 
なぜかというと相手の不貞による離婚であれば、依頼者側が有利になる証拠集めが必要になり尾行し浮気現場や回数などを確実に報告書にしなければならないからなのです。
 
 
配偶者が言い逃れもできず、そして離婚調停になった時にもきちんとした法の下での判断を求める際に、浮気の証拠はとても大きな効力になっていきます。
 
 
その為には間違いのない証拠が必要になり、そのため浮気調査も長期的なものとなり、丁寧な調査と確実な証拠を手に入れる必要があるのです。
 
 
浮気調査をしている間は絶対に相手にそれを悟られない対策が必要で、もし感づかれてしまえばその調査はうまくいかなくなりますから、普段通りを装い、まるで何も気づいていないように対策をすることが必要になります。

浮気調査の費用と相場

浮気調査にはそれなりの費用がかかるわけですが、短い調査でも十数万円かかりますのでどのような料金制の探偵事務所に依頼するのかは、調査内容によって決める必要があります。
 
 
探偵社によってはパック料金などを設定していて日数においてその費用の中で調査が出来るものを用意している場合もありますから、そういう料金制の探偵事務所を利用することも良い方法だと思います。
 
 
長期の調査になれば少々費用はかさみますが、その請求通りに支払ったとしても、その後生活が有利に動くように、そして相手に罰を与えるようなことができれば気持ちの面でも少しは救われるようになるはずです。
 
 
浮気された側は精神的にもとても辛く、人間不信になってもおかしくないほどのものですから、その苦しみを少しでも和らげるためにも不貞をした人には償いが必要だと思います。

長期戦に向いている『パック型料金プラン』とは?

ほとんどの探偵事務所で採用されている料金体系は、基本料金(調査員の数×調査時間)+延長料金+経費という計算方法になっています。
 
 
この『基本料金型』は、オーソドックスな料金体制のため、比較・検討がしやすいのですが、比較的短期間で調査が終了するなど、ピンポイントでの調査に適しています。
 
 
そのため、浮気調査が長期化しそうな場合には自分に合った料金体系を採用しているかどうかというのも探偵社を比較・検討する際の重要なファクターになってきます。
 
 
基本料金型以外に、長期的な浮気調査に向いている料金プランの中に、『パック料金制』というプランがあります。
 
 
浮気調査にはそれなりに費用がかかりますが、さまざまな料金体系を知ることで、少しでも自身の負担を少なくすることができることがありますので、参考にしてみてください。

パック料金制とは?

調査が長期にわたる場合、どうしても高額になりがちな調査費用の不安を解消すべく、多くの探偵社で採用されているのがパック料金制、もしくは定額制と呼ばれる料金プランです。

メリット

  • 浮気の確証がないけど調査をして欲しいという場合など、『長期戦』に適している。
  • 1時間当たりの調査費用が相場より割安に設定されているため、調査が長期化する場合、お得感がある。
  • 基本的にパック料金の中に調査にかかる全ての軽費が含まれているため、調査が終了した時、見積もりと金額が全然違うということが少ない。
    (中には実費・経費だけは別途請求する探偵社もありますので、事前に確認が必要です)
  • 行動時間が不規則な調査対象者に対しても臨機応変に対応できる。
デメリット

  • 調査が短期間で終了した場合、ほとんどの探偵社では返金システムなどは採用していないため、『短期戦』になる可能性のある場合など、ケースによってはパック料金型で依頼することでかえって割高になってしまうことがある。

浮気の証拠を掴んだら

どの探偵事務所でも、調査が終了すると調査結果をまとめた『調査報告書』を作成してくれます。
 
 
浮気の証拠を得たい、という場合にはここで調査はひとまず終了となりますが、この結果から離婚をしたり、慰謝料請求を考えている場合、調査報告書を持って弁護士に今後のことを依頼するというケースが多く、ここからの動きに、浮気の白黒をはっきりさせる以上の時間と費用がかかってきます。
 
 
弁護士に相談する場合にも、探偵社を比較・検討する際にまずは無料の電話相談やメール相談をすることで比較・検討ができますので、慎重に自分に合う弁護士選びをする必要があります。
 
 
探偵社によっては、浮気調査の一環として、弁護士を紹介、今後の動きをアドバイスしてくれるところもあります。
 
 
プロに頼むにはお金はかかりますが、プロに最後まで任せることで、素人では分からない法律のこと、お金のことなどを、より良い方向に向かうようにサポートしてくれるだけでなく、一人で動こうとするよりも、精神的にもずっと楽になるはずです。

まとめ

  • 浮気の確証がない場合
  • 浮気の確証を得た後で離婚したり慰謝料を請求する場合

これらのケースで浮気調査は長期化することが多いのですが、浮気の確証がない場合は調査が難航しますから、1時間当たりの調査費用が割安になる料金プランを検討するようにして下さい。
 
 
そして、浮気の確証を得た上で離婚したり、慰謝料を請求する場合、浮気の白黒をはっきりさせる以上に時間もお金もかかってしまうことがあります。
 
 
金銭面の不安を解消するには、浮気調査(浮気の決定的な証拠をつかむまでの調査)にかかる費用を、あらかじめ自分である程度の情報を持って探偵社に行き、ピンポイントで調査を依頼したり、浮気調査後、弁護士にきちんと今後どうしたいのか相談に行き、きっちり慰謝料などを勝ち取って、自分にとって少しでも有利に決着をつけることができるようにすることが大切です。
 



浮気調査に強い探偵ランキング 費用比較