自分で浮気調査を行う方法自分で浮気調査をはじめる際に、まずはアナタのパートナーが浮気をしている可能性についてチェックすることが重要になってきますから、こちらを参考にしてみて下さい!


 
浮気の可能性をチェックして50%以上の確率で疑わしいとなったら、実際に浮気調査を進めていくわけなのですが、自分で浮気調査をするといえば、携帯をチェックするというのを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?
 
 
しかし、携帯の履歴をその都度マメに削除していたり、肌身離さず携帯を持ち歩くパートナーだったら?
 
 
携帯だけで浮気調査というのは困難ですよね・・・
 
 
では、どのように浮気調査を進めていけばよいのでしょうか?
 
 
具体的には、次の方法によって浮気調査を行うようにしてみて下さい

ポケットや財布の中身をチェックする

レシート浮気調査を行う最初の初動としては、ポケットや財布の中身をチェックするという方法で証拠集めを行っていきます。
 
 
この時見つけて証拠として残しておきたいのが

  • ホテルのレシート
  • 浮気が疑われるコンビニや薬局のレシート(2人分の飲食物・コンドームの購入)
  • 普段行かない場所の駐車場のレシート

などです。
 
まず、疑わしいものを見つけたら写真を撮っておくようにして下さい。
 
 
パートナーがレシートなどをきちんと管理するような人でなければ自分で管理してもいいかもしれませんが、浮気の証拠となると、その点だけはなぜか敏感に察知する・・・という人は意外と多く、浮気調査をしていることがバレてしまう可能性もありますので、証拠として写真に収めたら原本は元にあった場所に戻しておくようにして下さい。

携帯のメール・LINEの履歴や通話記録をチェックする

携帯電話携帯電話のメール履歴や通話記録をチェックするという方法は、パートナーの浮気を疑ったら多くの方がその証拠集めとして思いつく方法で、すでに実践した人もいるかもしれませんが、パートナーが浮気発覚の対策として、

  • 浮気相手の番号やアドレスを取引先として登録している(旦那さんの場合)
  • 浮気相手の番号やアドレスをママ友として登録している(奥さんの場合)
  • 浮気相手とのLINEや携帯の履歴を完璧にその都度、削除している
  • 浮気相手と写メをとらないようにしている
  • 携帯電話に証拠が残らないよう、浮気相手とのやりとりはPCで行っている

ということを徹底している可能性がありますから、このような用心深いタイプの方の浮気の証拠集めは、かなり困難を極めると思います。
 
 
パートナーの携帯電話から浮気の証拠を押さえるためにチェックしたいのは、パートナーと浮気相手との関係性ですが、浮気発覚の対策をしているだけでなく、

  • 最近、携帯のロックをかけるようになった
  • トイレやお風呂場まで携帯電話を肌身離さず持って歩く
  • メールやLINEの通知音が鳴ってもその場で内容を確認しない
  • 電話がかかってきてもその場では取らない

などの行動をパートナーがしていると、明らかに怪しいのに、携帯電話の中身が見れないということもあると思います。
 
 
特に浮気をしている人のほとんどが、ロックをかけている場合が多く、携帯電話から情報を入手しようと思ったら、パスワードを解除する必要がでてきますから

  • パートナーの指の動きを見てパスワードを覚える
  • 携帯を借りパスワードを聞きだす

という方法でパスワードを入手していく必要があるわけなのです。
 
 
携帯を借りてパスワードを聞き出す方法としては、一緒に出かけた際に充電が切れたなどと理由をつけてパートナーから携帯電話を借り、パスワードを聞きだしたうえでパスワードが変えられていないその日の内に携帯電話をチェックするというやり方がいいと思います。
 
 
ただ、最近は指紋認証によってロックをかけている場合が多くなってきていますから、指紋認証タイプのスマホの場合は、寝ている間に携帯をチェックすることになります。
 
 
この時、注意しないといけないのが寝ていると思って指をスマホにあてて、ロックを解除したら起きだしてきてしまった、ということにならないようにしなければなりません!
 
 
確実に熟睡していることを確認してから、携帯チェックをするようにして下さい。

車内をチェックする

車内車内にはかなりの高確率で浮気の証拠が眠っていることが多いので、パートナーが車を所有している場合、車内のチェックもしてみて下さい。
 
 
浮気の証拠となるレシートなども車から出てくるというケースは少なくありません!
 
 
車内をチェックする方法ですが、確認したい場所は4つ。

  • ダッシュボード付近
  • カーナビの履歴
  • ゴミ箱の中身
  • 小物入れ

ダッシュボード付近や小物入れ、ゴミ箱の中には、高速道路のレシートや食事などのレシートなど、浮気相手とドライブに行った時のものであろう証拠が放置されていることがあります。
 
 
家の中に浮気の証拠を持ち込まずに車で処分しているということもよくあります。
 
 
車を使って浮気をしにいくパートナーが「浮気相手と遠方まで出かけてくる」なんて言いませんから、何かしら言い訳をして家を出ているはずなので、レシートなどを見つけたら、その日パートナーがあなたに何と言って出かけたかを思い出してみるといいと思います。
 
 
また、カーナビの履歴も浮気の証拠になることがあるので、チェックすると、浮気相手と出かけた場所への履歴が残っているかもしれません。

尾行する

尾行する尾行はパートナーの浮気を掴むためには最も手っ取り早い方法ですが、ただやみくもに尾行をしてもプロに頼むより時間もお金も労力も費やすことになってしまいますし、気づかれてしまっては苦労が台無しになってしまいます。
 
 
尾行をするには、まずGPS・追跡アプリやネットの履歴から事前に行動チェックをしておき、パートナーが決まって外出する曜日や時間を事前に調べておいてある程度ヤマを張っておく必要があります。
 
 
GPSや追跡アプリを使って浮気調査するには、注意点なども把握しておいたりその方法についても知る必要がありますから、こちらの記事を参考にして下さい。


  
そして尾行を決行する日を決めたら、その当日までに

  • いつも着ているタイプとは異なる服装
  • デジカメ

この2つを用意しておきます。
 
 
そして尾行をすることに気づかれないよう、尾行当日は普段通りパートナーを見送り、パートナーが出かけたら時間を記録して、すぐに準備をして出かけます。
 
 
尾行中は50メートル~100メートル離れて後を追い、パートナーが浮気相手と接触したらその時点でまずは気づかれないよう「正面から」一、二枚写真を撮ります。
 
 
その後は二人の行動をチェックしながら時々写真を撮り、浮気の動かぬ証拠となるラブホテルにパートナーと浮気相手が入っていくところを写真におさめ、その時間も記録しておきます。
 
 
ラブホテルに入っていくのを見てしまうと、浮気が決定的となるので、怒りの感情が抑えられなくなってしまいそうですが、まだ尾行は終わっていません。
 
 
ラブホテルの前で2人が出てくるところの写真をおさえるため、2人が出てくるまでいつでもシャッターを押せる準備をして待ちます。
 
 
二人がラブホテルから出てきたら、はっきりと顔が分かるように写真を撮り、時間を記録して尾行は終了になります。
 
 
パートナーより早く帰宅し、いつも通りの生活をするように心がけて下さい。
 
 
そして、後日、尾行当日のレポートをまとめておくのです。
 
 
自分でやる浮気調査は、どれも想像以上に時間も労力も使いますし、気が休まる時間もありませんから、楽ではないので、覚悟を決めて行わなければなりません。

自分で浮気調査する際の注意点

浮気調査する際の注意点自分で浮気調査をしていると、パートナーが浮気をしている事実が浮き彫りになってくることもあると思います。
 
 
また、浮気されて許せないという気持ちから、なんとしてでも動かぬ証拠を掴んでやろうと思って浮気調査を始める方もいるわけですが、証拠を掴もうとして行き過ぎた浮気調査をしてしまうと、犯罪にもなりかねません。
 
 
自分で浮気調査を行う時は、自分は絶対失敗なんてしないと思いこまず、まず冷静になる必要があるのです。

浮気調査の痕跡を残さないよう徹底する

自分で浮気調査をすると、パートナーに浮気調査がバレてしまう危険性がとても高いので、やるからには浮気調査の痕跡を残さないよう徹底しなければなりません。

証拠を掴んでもすぐに問い詰めてはいけない

自分で浮気調査を行う中で、パートナーの浮気の証拠を見つけたら、すぐにでも問い詰めたくなってしまうと思いますが、その気持ちはグッと堪えるべきです。
 
なぜかというと、自分でやる浮気調査はプロがやる浮気調査ではありませんから、せっかく苦労して入手した証拠でも、証拠としての質が低く、法的に役立たないことが考えられるからです。
 
証拠によってはパートナーにうまく切り返されてしまったり、証拠を持って問いただしたことが原因で、その後の浮気調査が困難になることもあります。
 
浮気の証拠を掴んだら、直接相手に問いただすということはしなくても、些細な行動に表れやすくもなってしまいますので、注意して下さい。

自分で浮気調査する際のリスク

リスク自分で浮気調査をする中で最も高いリスクは、パートナーに浮気調査をしていることがバレてしまう可能性が非常に高いということです。
 
 
浮気調査をしていることがパートナーにバレてしまうと

  • パートナーとのその後の関係が悪くなってしまう(離婚に至るケースもある)
  • 一度浮気調査がバレてしまうと、警戒され証拠が掴みにくくなる
  • 言い訳をされてシラを切られてしまう可能性が高い
  • 証拠を掴まれないように浮気を続ける
  • 浮気調査が罪に問われてしまうことがあり、離婚裁判で不利になることがある

このようなリスクが発生します。
 
 
自分で浮気調査をするときは、パートナーが浮気をしているのではないかと気持ちが高ぶってしまっていることが多いので自分は絶対ミスなんてしない、バレてしまってもその時は浮気の事実を問いただそうという気持ちで浮気調査を行うのではなく、まずは冷静になって、自分で浮気調査をするということは相手にバレてしまう可能性が非常に高いというリスクがあることを理解した上で慎重に調査を行う必要があります。

手に入る証拠が少ない・時間とお金が意外とかかってしまう

浮気調査のプロに依頼するとお金がかかってしまうのでは?
 
という理由などから自分で浮気調査を始める人は少なくありませんが、証拠入手の素人がいくら頑張って証拠を集めても、浮気や不貞行為を証明する決定的な証拠を入手することは極めて困難です。
 
また、自分で証拠を集めるにはかえって時間もお金も費やすことも十分にあり得ます。
 
パートナーの動きやレシート、決まって帰りが遅い日などから浮気をしているであろう時間や場所を特定するのは可能かもしれません。
 
しかし、いざパートナーにバレずに尾行して浮気現場の写真をおさめたという時、それが遠距離であった場合、行き帰りの交通費がかかったり、せっかく苦労して見たくもない浮気現場の写真を撮ったのに顔がはっきり写っていなかったりして、浮気の証拠としては不十分なものとなってしまうこともあります。
 
自分で浮気調査をするのには、時間を要するだけでなく、調査にかかったお金が無駄になってしまうリスクもあるのです。

自分で浮気調査を行うメリットとは?

メリットとは?自分でする浮気調査には、いつでも始めることができて、プロに相談する場合とは異なり費用が少なくで済む可能性が高いというメリットはあります。
 
 
しかし、自分でやる浮気調査にはリスクもつきもので、冷静になって行わないと望まない結果を招いてしまったり、自分で浮気調査をしてパートナーに気づかれてしまい夫婦間の溝がより大きなものになってしまうこともあるのです。
 
 
いくらパートナーがクロであっても浮気の証拠を集めるのは難しく、プロに頼むよりも結局、時間もお金もかかってしまって、精神的にも疲れ果ててしまう・・・といったケースも少なくないのが現状です。
 
 
このような点から自分で浮気調査をするメリットとしては、費用が少なくて済むということ以外は、そんなにないということなんです。
 
 
もし自分で浮気調査をされる場合には、まず冷静になって浮気調査をして、最終的にどうしたいか?を考えながら、浮気調査のリスクを理解した上で、冷静かつ慎重に行ようにして下さい。
 
 
浮気をされて、ただでさえ傷ついていて、浮気の証拠を掴んだらすぐにでも相手に怒りや悲しみをぶつけてしまいたい!
 
 
そんな気持ちには、まず一度蓋をして、これからの人生のために行う浮気調査だということを心に留めておいて下さい。



浮気調査に強い探偵ランキング 費用比較