W不倫の場合の対処法と浮気調査W不倫は、2つの夫婦において、夫と相手側の妻、または、妻と相手側の夫というように双方結婚しているもの同士が不倫をしているケースをいうわけですが、このW不倫も最近、非常に多くなってきています。
 
 
まれに夫婦でスワッピングするような状態になっている複雑なW不倫になっていることもありますが、基本的には結婚している相手との不倫を双方しているケースが一般的なW不倫のパターンになるわけなのです。

W不倫と浮気調査

W不倫については、浮気調査を依頼して解決していくには調停などが非常に厄介で面倒なのですが、相手側の夫婦からも慰謝料をとれる可能性も高いですから、対処をきちんと行うことがベストだと思います。
 
 
浮気相手のパートナーの方については、あなた同様に被害者になりますから、浮気相手のパートナーと協力することで浮気の証拠集めもやりやすくなってくることもあったりします。
 
 
探偵社と連携しながらW不倫をしている相手のパートナーから得られる証拠は、かなり重要なものになってきます。
 
 
浮気の証拠としては、携帯に残っている履歴や画像などを手始めに集めていくことになりますが、携帯の履歴を見るためにパスワードを解除するというようなこともあり、ハードルも高くはなりますが、うまくいけばかなり有利な証拠になってきます。
 
 
携帯電話に残るメール履歴は入手するためにアナタ自信が対処していくことになりますから、その方法や押さえるべき証拠について探偵社から適切なアドバイスを受けながら進めていくことがバレずにうまくいく方法になります。

慰謝料を請求しきちんと取るには?

探偵に依頼する理由は人それぞれではありますが、やはり精神的な苦痛を慰謝料として請求し勝ち取ることで心のキズを回復していくキッカケになっていくものです。
 
 
慰謝料を最大限回収するためには、法律の知識も必要になってくるわけなので弁護士と連携しているような探偵事務所や興信所を選定することをお勧めいたします。
 
 
芸能界で不倫をしてマスコミに叩かれるケースも最近は多くなってきていますが、報道されることによって浮気や不倫については誰でもやっているような意識をもつ方も少なくないのが現状だと思います。
 
 
浮気やW不倫は、誰でもやっているという風潮が若干ある世の中だからこそ、精神的に受けたダメージを慰謝料という形できちんと取ることでパートナーに反省を促すという点からしても必要なことになるわけなのです。

中高年のほうが浮気するケースは増えている!

最近はある程度年齢を重ねた人の不倫が増えていて、逆に若い人の多くはあまり恋愛に積極的ではない場合が多いので、対照的に不倫は少ないようです。
 
 
中高年の方に浮気が多い理由としては、長年一緒にいることによってパートナーに異性としての魅力を感じることができず、浮気に走ってしまう方がく多なっています。
 
 
家庭があるから倫理的に不倫は、よくないと頭ではわかっていてもパートナーに魅力を感じることができないことが、引き金となって性欲を制御することができずにW不倫になるパターンが結構あるのですね。
 
 
w不倫についての浮気については、火遊び感覚による一時的なものが多いですから探偵社への浮気調査後に今後の夫婦間をどうしていきたいのかを事前に冷静になって考えておくことが大事になってきます。

複雑なW不倫の対処法は?

W不倫とは、お互いに配偶者がいるもの同士の浮気のことを言い、不倫をしている側からすれば『既婚者同士だからこそ分かり合えることが多い』『罪悪感が少ない』『未婚者との不倫はリスクが多いと考える』このような理由から、今や言葉としても珍しくはないものとなっていますが、実際のW不倫はとても複雑なものなのです。
 
 
パートナーのW不倫が発覚して、あっさりとパートナーが不倫を認めた上で、不倫を辞めてお互いの家庭が元のサヤに戻ることができれば良いですが、実際なかなかそう上手く話しは進んでいかないのが現実です。
 
 
また、W不倫は離婚問題や慰謝料の問題に発展した時、不倫をした者の両方に家庭があるため、例えば不倫相手に慰謝料を請求する場合、未婚者であれば相手に請求したらそれで終わりですが、W不倫の場合は、パートナーの不倫相手から慰謝料を請求されてしまう可能性があったりします。
 
 
また、パートナーの不倫に気づき、なんとか止めさせようと浮気相手の配偶者に決定的な証拠がない状態で相談すると、パートナーの不倫相手から名誉棄損で訴えられてしまう可能性もあります。
 
 
ですから、W不倫をしっかりと解決するためには、正しい対処法を知っておく必要があるのです。

やってはいけないこと

まず、浮気問題を解決していくうえで『やってはいけないこと』については、次のことになりますから注意して下さい。

問い詰める

浮気をしているのかと聞いて、素直に「はい、浮気をしています。」と素直に認める人がいるでしょうか?
 
答えはNoですよね。
 
浮気をしているんじゃないかと思ったら、事実を知りたくなりますし、その怒りや悲しみをぶつけたくもなってしまいますが、問い詰めることで、パートナーは浮気を疑われていることに気づき、証拠を隠滅させたり、より上手く浮気を継続させる方法を考えたり、その場で上手い言い訳を考えてシラを切られてしまう可能性が高いので、何の解決にもなりません。

友人や家族に相談する

浮気をされているかもしれない、という状況の中で、それを一人で抱え込むのはとても辛いことですから、誰か親身に相談に乗ってくれる人に話をしたくなることもあると思いますが、例え自分が信頼している相手であっても、友人や家族は『浮気問題、浮気調査のプロ』ではありません。
 
ですから、親身に話を聞いて相談に乗ってくれる反面で、あなたが望まないアドバイスや行動をとってしまう可能性があるのです。
 
また、W不倫の場合、決定的な証拠がないままパートナーの不倫相手や、不倫相手の配偶者に直接相談するというのも慎みたい行動です。

スマホの中身を見る

スマホは浮気の証拠が隠されていることが多いわけですが、浮気をしているかもしれないからといって、パートナーのスマホを勝手に見るという行動はやってはいけません。
 
通話履歴やメールのやり取りなど、浮気の証拠を得ることができることもあるかもしれませんが、もし、こっそりスマホを見ている時にパートナーに見つかってしまったら?
 
あなたが悪者扱いされてしまう可能性もありますし、浮気を疑っていることもここでバレてしまいます。

尾行

いくら変装しても、細心の注意を払っても、尾行して浮気の決定的証拠を得ようとするのはおすすめできません。
 
バレてしまう可能性が高いというだけでなく、パートナーの行動に気を取られて周りが見えなくなって事故に巻き込まれてしまったり、体力も気力も使います。
 
さらに、せっかく尾行して、浮気現場となった場所から浮気相手とパートナーが二人で出てくるところを写真などにおさめても、素人が手に入れた証拠は、例え苦労して集めたものでも、法的不貞の証拠としては認められないことが多いのです。
 
また、プロに頼むよりお金がかかってしまうこともあります。

正しい対処法

浮気問題を解決していくには、冷静になり先のことを考えながら次のような点に気をつけるようにして下さい。

普段通りの生活をする

まず、大切なのが『普段通りの生活』をすることです。
 
浮気が怪しいと思ったら、W不倫であっても、浮気相手が未婚者であっても、モヤモヤしている期間は気分がいいものではありませんが、感情的になって問い詰めたり、相手の家に電話をしたり、スマホをこっそり見たりするのではなく、まず、普段通りを心がけるようにして下さい。
 
そうすることで、警戒されることなく、情報を集めていくことも可能になってきます。

毎日の行動パターンの記録

パートナーが浮気をしているかもしれない、けれど何も証拠がないという状態では、プロに浮気調査を依頼しても、調査が長期化してしまうことが多く、そうなってくると金銭面にも不安を持ってしまう人は多いと思います。
 
そうならないためには、自分である程度の証拠を集めておくというのが有効となりますが、具体的には『パートナーの毎日の行動パターンを記録していく』というのが、今日からでもできることのひとつです。

  • 朝家を出る時間
  • 帰宅した時間
  • 残業があった日、残業と言って帰りが遅かった日
  • 外食や飲み会があった日と、その相手や場所
  • 出張のスケジュール

これらをある程度の期間記録していくと、『この日が怪しいのでは?』という曜日や時間帯が現れてきますので、この記録を持って、ピンポイントで探偵に調査を依頼するというこが可能になります。

車の中、レシートをチェックする

普段の行動パターンのチェックとともに、自家用車を持っている人であれば、車の中や、レシートもチェックしておきましょう。
 
浮気に使っている可能性がありますので、車の中は

  • 助手席の位置が変わっていないか
  • ダッシュボードや屑籠のなかに怪しいものはないか
  • 走行距離がいきなり増えていないか
  • カーナビの履歴が行くと言っていた場所と異なるということはないか
  • ガソリンの減りが早くはないか

などをチェックしてみて下さい。
 
 
夫婦であれば、掃除をするという名目であれば簡単にチェックすることができるかもしれません。
 
 
また、2人分の食事や買い物をしたレシートや、駐車場の領収書など、怪しいものは携帯のカメラで撮影しておくようにして下さい。
 
 
パートナーが浮気をしている、それも相手も既婚者であるという場合、まずするべきことは冷静になって、自分ではできる範囲の証拠集めをして、決して問い詰めたり、浮気相手や浮気相手の配偶者に連絡をとったりはしないことが大切です。

ある程度の証拠を集めたら

ある程度の証拠を集めたら、W不倫は慰謝料の面や、離婚問題など、二つの家庭の問題となり、とても複雑で、民事上の争いに巻き込まれてしまうこともありますので、浮気問題のプロである探偵社に浮気調査を依頼するのがおすすめです。
 
 
浮気問題について、しっかりと解決させていくには、『不倫の事実を二人に認めさせる必要』があるからです。
 
 
法的にも認められる、確固たる証拠を得るために、プロの力を借りることは必要不可欠になってくると思います。
 
 
まずは無料相談などのサービスを使い、いくつかの探偵社に現在の状況を相談し、そこから最終的にどの探偵社にするのかは、対応力で判断するといいと思います。

W不倫の事実が分かったら

W不倫をしていることが浮気調査によって明らかになったら、例えあなたが浮気相手に慰謝料を請求しなくても、浮気相手のパートナーから慰謝料を請求されて、家庭の資産を減らされてしまうというリスクがあります。
 
 
これが未婚者との浮気との決定的な違いではありますが、その場合、自分も慰謝料を請求して奪われてしまった分を補ったり、さらに、W不倫を原因に離婚することになった場合、さらに慰謝料の金額をあげることができます。
 
 
しかし、自分たち夫婦は婚姻関係を継続することになったのに、相手側は離婚することになったという場合には、逆に高額の慰謝料を請求される可能性が高いです。
 
 
ですから、W不倫が発覚したら、慰謝料請求については慎重に行う必要があるのです。
 
 
こちらが慰謝料を請求すれば、相手側も慰謝料の請求をしてくると想定していたほうがよいと思います。
 
 
ただパートナーとの離婚に踏み切る場合には、離婚後の家計の心配については、そんなに深刻にならなくてすむ場合が多いのです。
 
 
というのもW不倫を理由に離婚をする場合には、慰謝料請求、財産分与、お子さんがいれば養育費について有利に話し合いができるからなのです。
 
 
どの選択肢にするにしても、W不倫の慰謝料の問題はとても複雑ですから、浮気調査の結果と、自分自身がこれからどうしたいか、その意思をはっきりさせたうえで行動するようにして下さい。

まとめ

パートナーがW不倫をしていた場合、相手が未婚者である場合と最も異なるのは『慰謝料の問題』です。
 
 
不倫をされたのに、パートナーの浮気相手の配偶者から慰謝料を請求されて泣きっ面に蜂ということや、なんとか不倫を止めさせたくて、とった行動が自分の首を絞めてしまうこともあるのがW不倫なんです!
 
 
W不倫という言葉を当たり前に聞くようになった世の中だからこそ、誰でもやっていることと思ってしまったり、既婚者同士だから分かり合えるという理由から、W不倫をしてしまう人は増えているのだと思います。
 
 
ですが、正しい不倫、浮気なんてものは存在しません!
 
 
パートナーがW不倫をしていたら?
 
 
もし、怪しいなと思ったり、その事実を確かめたいと思ったら、ここでご紹介したことを参考に、しっかりと解決できるよう行動していただければ幸いです。
 



浮気調査に強い探偵ランキング 費用比較