浮気を止めさせたいパートナーが浮気しているのかも?そんな風に感じて不安になってしまっているアナタが、まず最初に思うことは何とかして浮気を止めさせたい!ということだと思います。
 
 
しかし、浮気問題というのはそう簡単に解決できることはなく、場合によってはパートナーにシラをきられてうやむやになるケースも実際、多くあるのです。
 
 
そこで浮気をやめさせることを目的とした、浮気調査の依頼方法についてご紹介したいと思います。
 

証拠を押さえるのが大切

 
パートナーが浮気をしていると疑わしい場合、また浮気をしていることが確定している場合、まずは証拠を押さえるということが重要になってきます。
 
 
その証拠があったうえで、解決策を考えていくのが一番になり、もちろん離婚することになったとしても、浮気の証拠はとても重要なものになってきますし、できるだけこちらに有利にするめていくために、また慰謝料を多くとるためにも必要な事なのです。
 
 
そこで利用したいのが探偵会社や興信所になると思いますが依頼方法について、まずは気になるのが費用、料金ではないでしょうか?
 
 
各探偵や興信所によって、費用や料金が異なるケースがあり、その調査方法によっても異なります。
 
 
選び方も、口コミ評判であったり、成功率で選んでくということもありますし、単に費用が安いというだけで選ぶということはあまりおすすめできません。

探偵に浮気調査を依頼し、浮気の事実を認めさせる

個人で証拠を集めたり、日ごろの行動や態度からパートナーの浮気を確信していても、パートナーに問いただすとシラを切られてしまったり、浮気している事実を仮に認めたとしても反省するのではなく、上手く浮気を続ける方法を考えたり、警戒されてその後の調査がしにくくなってしまうことがあります。
 
 
ですので、まず、浮気を止めさせたいと思ったら探偵に浮気調査を依頼し、言い逃れができない決定的な証拠をおさえてもらうことが必要不可欠となってきます。
 
 
これをしておくことでパートナーは言い逃れができなくなりますし、仮に別れることになったという場合にも有効な証拠として残すことができますので、無理に一人で証拠を集めたり、なんとか浮気を辞めさせようと感情的になって相手を問いただすということは避け、プロに依頼するほうがベストな方法といえます。

カウンセリングを受けることで依頼内容を確定する

探偵会社への依頼方法として、まずはカウンセリングを受けていくということになります。
 
 
無料相談で行ってくれるところもありますので、いくつかのところで見積もりを出してもらうと良いですし、その際にこちらの状況を伝えて、具体的な案を出してもらう流れになるのが信頼できる探偵社や興信所のポイントになります。
 
 
成功報酬を支払う料金体系のところや最初に着手金が発生するところもありますから、自分が依頼したい内容についてどのような料金体系の探偵社に依頼するのがベストなのかをしっかり見極める必要があるのです!
 
 
依頼する際には素行調査・行動調査だけの場合と、浮気をやめさせるという別れさせ屋ということで利用するケースと、色々あると思います。
 
 
依頼方法によっては、この別れさせるということも料金は非常に高くなりますが、方法としてもありますので、参考にされてみてください。
 
 
離婚をしたいと最初から決めていて、あくまでも証拠を押さえたいということで探偵や興信所を利用したいということであれば、行動調査でも問題ありません。

浮気相手と連絡が取れないようにしてもらう

探偵に浮気調査を依頼する時に、『浮気調査をして、最終的にどうしたいのか』ということをあらかじめきちんと話しておくことも大切です。
 
 
浮気を止めさせたいという場合、パートナーの浮気の事実だけでなく、浮気相手の勤務先や住所、連絡先も調べてもらっておくと、一度はパートナーが浮気の事実を認めて別れると言ったのに、何かの拍子に浮気相手と連絡をとって浮気を繰り返してしまうというのを防ぐことができます。
 
 
浮気の事実を認めさせたら、浮気相手と連絡が取れないようにしてもらうというのも浮気をやめさせるために必要なステップなんです!

浮気相手に対して内容証明郵便を送り、慰謝料の請求をする

探偵に浮気調査を依頼し、パートナーに浮気を認めさせ、浮気相手との連絡を絶つようにしても心配だったり、浮気相手のことが許せないという場合、内容証明郵便を浮気相手に対して送るようにして下さい。
 
 
内容証明郵便とは、『誰が、誰宛に、いつ、どんな内容の手紙を出したか』ということを郵便局が公的に証明してくれる手紙で、用紙は自由ですが、文具店などで内容証明郵便専用の用紙も購入することができます。
 
 
この内容証明郵便は、公的な証明にもなるものですから、全ての郵便局から簡単に出せるというものではなく、本局と呼ばれるような大きな郵便局に、

  • 印鑑
  • 封筒
  • 同じ内容の手紙文3通
  • お金(郵送代)

を持って、内容証明郵便の依頼をしていくことになります。
 
 
浮気相手にこの内容証明郵便を送る場合、手紙の内容は

  • 〇月〇日までに慰謝料を振り込むこと
  • 浮気を止めること
  • 浮気を止めなかった場合に法的措置に出る
  • 慰謝料の振り込みが確認できなかった場合に法的措置に出る

といった内容を記載するようにします。
 
 
この証明を相手に送るためにも、プロに依頼して浮気相手のことを知っておくというのは大切なステップになります。

夫婦円満調停をする

浮気の事実を認めさせて、浮気相手にも浮気を辞めるよう対処しても解決しなかったという場合には、夫婦関係を修復するために夫婦の両方から話を聞き、解決のための助言をしたり、どうして夫婦関係が上手くいかなくなってしまったのか、その原因やこれからの関係をよくしていくためにどうすればいいのか、その考えを提示してくれる『夫婦円満調停』を家庭裁判所で利用してみるといいと思います。
 
 
この調停(話し合い)で、パートナーの気持ちも聞き、自分の気持ちも話した上で助言をしてもらうことができますし、それにかかる値段も収入印紙代のみです。

浮気調査を探偵社に依頼するにあたって

探偵社に浮気調査を依頼する際に、証拠をどう使っていくかなどのアドバイスも、経験豊富なスタッフがしてくれる場合もあります。
 
 
やはり、実績が豊富なところというのは、ノウハウもありますし、たくさんの例がありますので、それに基づいてベストな方法を提案してくれるということもあるわけなのです。
 
 
成功率が高いところですと、確実な証拠をおさえてもらうことも可能です!

 
やはり、費用もかかってくるものなので、早い段階で証拠をおさえたいという場合には、実績があるところを選んでいくと費用を節約できますから、体験談などを参考にして、ベストな方法をあらかじめ考えてから相談しに行ってみるということもおすすめです。

 
費用は着手金、調査料金の実費、成功報酬という形でさまざまな内訳になってしまうので事前に料金のこともしっかり相談してから依頼するようにして下さい。

まとめ

パートナーの浮気は許せないものですが、なんとかして夫婦関係を続けていくために浮気を止めさせたいと考える人も少なくありません。
 
 
浮気を止めさせたい場合、自分一人の力では精神的にも辛いだけでなく、上手く説得することができなかったり、シラを切られてしまうということもありますので、まずはプロである探偵に調査を依頼することをおすすめ致します。
 
 
その際、浮気の事実を突き止めた後、自分はパートナーに浮気を止めさせたいということを一番に考えているのだと、探偵社に正式依頼をする前にきちんと伝えておくことが大事になります。



浮気調査に強い探偵ランキング 費用比較