浮気調査費用を節約できるの?最近奥さんの様子がおかしい、もしかしたら浮気しているのではと感じている男性で、浮気調査を視野に入れているという方は、一度冷静になるようにして下さい。
 
 
怒りに任せて探偵に直行し浮気調査を依頼したら、かなりの費用がかかってしまいますので、まずは冷静になってからどうすべきかを考える必要があるわけなのです。
 
 
浮気調査にかかる費用というのは、工夫次第では節約できる場合もありますから、くれぐれも怒りという感情におしながされずに浮気調査の費用をおさえるということも、意識しながら進めることをおすすめいたします。

事前に多くの情報を提供する

探偵は1日いくらでも浮気調査をしますから、何の情報もないまま依頼してしまうと、事前に相談はあるにしても証拠を押さえるまでに膨大な費用がかかってしまいます。
 
 
ですから調査費用を節約する方法として、なるべく事前に多くの情報をこちらから提供することが大事なわけなのです。
 
 
でも、勿論昼間は仕事があるので、奥さんを尾行するわけには行きませんよね・・・
 
 
そんな時はどうしたら良いのでしょうか?
 
 
浮気の証拠集めの情報収集の方法としては妻のパソコンや携帯の履歴を調べるというやり方があります。
 
 
あまり良いこととは言えませんが、相手に浮気の疑いがあるのでやむを得ませんからここは割り切って行うようにして下さい。

調査に繋がる情報を携帯から入手する

特にIT系に強い人でなければ、浮気相手とのやり取りや電話番号をいちいち消したりしていないかもしれません。
 
 
自分の旦那が浮気に気がついていないとタカをくくっている場合は高確率で履歴が残っているでしょうし、もしもそんな浮気の証拠があったら、しっかり写真に撮っておいてください。
 
 
浮気調査を依頼する前に、少しでも多く調査につながる情報を提供することで、探偵はピンポイントで動かぬ証拠をつかむことができるので、調査の期間が短くなり費用は節約されようになっていきます。
 
 
あと余談ですが、女性の探偵のほうが何かと都合がよい場合がありますから、調査員選びも妻にバレにくいように女性にするなどの相談も事前に行うほうがいいですね。

浮気をしているであろう日時の特定をしておく

浮気調査費用を節約する一番の方法は、調査時間を減らすということになるわけですが、そのためには、パートナーが浮気行為をしているであろう日時を特定し、ピンポイントで調査を依頼する必要があります。
 
 
浮気日時を特定するためには、調査を正式に依頼する前に、普段のパートナーの行動をよく観察しておくというのが一般的な方法です。
 
 
正確な場所や時間まで把握することは難しいかもしれませんが、決まってこの曜日には残業があると言って遅くなるなど、浮気相手と密会している可能性が高い日をある程度絞ることは可能なはずです。

目的をはっきりさせて無駄な調査は行わない

浮気調査をお願いする時、なかなか捜査が進展しない場合や、さらなる結果が出せる可能性がある場合、探偵社の方から追加調査を必要としてくる場合があります。
 
 
もちろん、無駄な料金を発生させるために提案してくるのではありませんが、「自分がどうしたいか」「どこまで調べてもらいたいか」その目的をはっきりさせておくと、本当に必要な調査と、本来必要ではない調査をはっきりさせることができますので、浮気調査を依頼する時には、まず「何」を調査して欲しいのか、自分の目的をはっきりさせて、それ以外のしなくてもいい調査は断る必要があります。
 
 
ただし、本当に必要な調査はきちんと行う必要がありますので、ただ金額を節約したいからと提案してもらうものを全て断っていては満足いく結果が得られなくなってしまうことがありますので、最初にどこまで調査を行うのかをしっかり面談時に話しておくようにして下さい。

費用の提示は先に行っておく

浮気調査はどこの探偵社にお願いしても、決して安くはありません!
 
 
その中でも費用を節約するためには、探偵社と交渉することが必要不可欠になっていて、交渉の方法については、まずこちらが出せる金額を提示することが大切になります。
 
 
探偵社からの見積もりが出た後でも金額の交渉をすることは可能ではありますが、依頼者から先に予算を提示することで、探偵社側は、その予算をもとに、予算内で可能な調査を提示してくれるのです。

慰謝料を勝ち取り費用負担を軽減する

やはり浮気は許せないから離婚も考えたいという場合にも浮気調査費用の節約は可能ではあります!
 
 
まずは浮気の証拠を持って、弁護士会が行っている弁護士の無料相談に行ってみて下さい。
 
 
そこではこれからの離婚に向けての進め方についてアドバイスを受けることができると思います。
 
 
浮気をされて傷ついているので、離婚はなるべく有利に進めたいところですから、事前にできる無料相談はフルで活用することで、スピーディーな調査になるように進めるとことができ、費用的にも負担が減ってくるわけなのです。
 
 
配偶者の浮気の場合、有責は相手にありますから慰謝料を申し立てることもきちんと覚えておいて下さい。
 
 
これは配偶者だけでなく、浮気相手に対しても慰謝料請求はできますから、できるだけアナタの費用を減らすためにも、きちんと弁護士を介して行ってください。
 
 
離婚に関する裁判は、調停で争うことになりますが、裁判に勝てば慰謝料のみならず弁護士にかかった費用も相手が支払うことになります。
 
 
ですから100%相手に落ち度があり裁判に勝てるという場合は、弁護士を立てて速やかに調停に臨むという方法が1番スムーズで費用の節約にもつながるばかりか、心の痛手を早く癒すにも迅速な解決が重要なカギとなるのではないでしょうか。

まとめ

浮気調査にかかる費用を節約するための方法をご紹介しましたが、参考になりましたか?
 
 
浮気調査を始めるには、まず冷静になることが大切です!
 
 
自分がどうしたいか、どこまで調査して欲しいのか「自分の気持ち」をはっきりさせておくこと、そして、正式に調査を依頼する前にパートナーの行動をチェックしておくこと、費用の提示を先に行うことで浮気調査にかかる費用は節約することが可能なのです。
  



浮気調査に強い探偵ランキング 費用比較