1時間あたりの浮気調査料金ってどもくらい?妻が浮気をしているかもしれない、浮気をしているのであれば離婚をしたいと考えている場合にまずしておきたいのが、確実な証拠を集める事です。
 
 
浮気現場を目撃した事によって浮気を確信し、その事を問い詰めても、妻に言い逃れをされると、それ以上話を進める事ができない状態になるだけでなく、浮気を疑った事を理由に立場が悪くなってしまう可能性もあります。

浮気調査で証拠を集めよう

離婚調停や離婚裁判では、確実に浮気を証明できる事が重要になってきます。
 
 
その為、妻の浮気が原因で離婚をしたいと考えているのであれば、まず浮気調査をしておく事が重要になってきますが、浮気調査にかかる費用が心配な場合は、個人で可能な浮気調査もあります。
 
 
ただ、離婚調停や離婚裁判では、その浮気が一時的な遊びではなく、継続して不貞行為が行われていた事を証明する必要があり、それだけの証拠を個人で集める事は容易ではありません。
 
 
その為、本気で離婚を考えているのであれば、探偵事務所や興信所で浮気調査を依頼する事がおすすめです。

浮気調査にかかる料金

ただ、浮気調査は料金が高いのではないかと不安になる人も多いと思います。
 
 
確かに安くはありませんが、設定されている料金は事務所によって様々ですから、事務所の選び方によって大きく変わってきます。一般的に、探偵2人で1時間の調査をした場合、1万5千円から2万円程度が相場となっています。
 
 
調査をする時間によってかかる料金は変わり、事務所によってはそれ以外にも様々な必要経費、成功報酬等が必要となってきますので、短時間の調査であっても10万円以上はかかると考えておいたほうがいいと思います。
 
 
そして、本格的な調査になると数十万円は必要になってきますから、料金に関するトラブルに巻き込まれたくないのであれば、見積りの段階で費用の内訳等をしっかりと確認しておく事が大切です。

成功報酬を確かめよう

中でも確認してきたいのが、成功報酬の有無です。浮気調査が完了し、情報を引き渡す段階になってから、書かれていた費用以外に成功報酬を請求され、支払わなければ調査報告書を受け取れないというトラブルも存在します。
 
 
ですから、最初の相談や見積りの段階で、必要な費用についてしっかりと確認しておく事が大切になるわけなのです。
 
 
もしくは、事前に口コミ等で評判を確認しておく方法も有効で、浮気の確実な証拠を集めたいと考えるのであれば、浮気調査のプロの探偵に調査を依頼する事が有効になってきます。
 
 
それによって、調停や裁判でも有利な状態を作れますが、トラブルに巻き込まれないように、事前にしっかりと詳細を確認しておく事が大切です。

主な料金体系と選び方

浮気調査には、主に3つの料金体系が3つ存在します。
 
調査のパターンによって金額が得になったり、損をしてしまう場合がありますので、自分の状況に合った料金体系のある探偵事務所や興信所を選ぶことが大切になってくるわけなのです。

時間料金型

1時間あたりいくらという表記がされる料金体制で、調査員が実際に調査をした時間が料金に反映されます。
 
多くの探偵事務所がこの時間料金型をとっていますが、この費用はあくまでも調査員が調査した時間の料金ですので、さらに基本料金や資料作成費、移動費などがかかることがあることが多いのを覚えておいて下さい。
 
浮気をしているであろう曜日や時間がある程度分かっている場合に、この時間料金型を選ぶと良いと思います。

パック料金型

1時間当たりの調査費用が時間料金型に比べて安く、調査員の稼働時間や書類作成費、その他の軽費などが全て含まれていて一律の料金設定をしているのがパック料金型です。
 
1時間当たりの調査費用が安いことから、一見お得なように見えますが、調査が短期間で終わった場合には逆に高くついてしまうこともあるので、パック料金型を利用する際は、浮気の事前情報が少ないという場合がよいのです。

成功報酬型

成功報酬型は、浮気調査の依頼時に着手金を支払い、調査が成功した場合に成功報酬を支払う料金体系で、結果が出なかった場合成功報酬を支払う必要はありません。
 
ただし、なにをもって「成功」とするか?が依頼者と探偵社との間で認識の違いがおこってしまうと、トラブルの原因となってしまいますので、この成功報酬型を利用する際は、探偵社側が何をもって成功と定義するのか、きちんと説明を受けて納得した上で利用する必要があります。

浮気調査料金の内訳

探偵の浮気調査の主な内訳は、

  • 調査料金⇒着手金、人件費、深夜早朝割増など
  • 成功報酬⇒調査が成功した場合に支払う報酬
  • 経費⇒交通費、車両費、宿泊費など
  • 手数料⇒報告書の作成費など

これらの【調査費用】と【諸経費】です。
 
 
その中でも多くの割合を占めるのが、調査員の人件費なのですが、調査員はその道のプロですので、それなりの費用はかかります。
 
 
しかし、見積もりを出してもらった時に高すぎるんじゃないかと思うこともあるかと思いますので、浮気調査にかかる基本的な費用の計算方法を説明します。
 
 

【浮気調査をした調査員の数】×【時給(一時間あたりの調査費用)】×【浮気調査にかかった時間】

 
 
この計算を覚えておくと、万一騙されそうになってしまった時も、自分で気づくことができます。

まとめ

浮気調査のプロである探偵社や興信所に調査を依頼する時には、1時間当たりの料金が安いかどうか、だけでなく自身の状況に合った料金体系を選ぶこと、そして、もしもおかしいなと思うような料金を提示された時には自分で気づくことができるよう、基本的な浮気調査にかかる費用の内訳を頭にいれておきましょう。
 
 
自身の状況にあった料金体系を選ぶかどうか、探偵社選びをしっかりしたかどうかで1時間あたりの調査費用も大きく変わってきます。
 
 
事前の探偵社選びの時点でしっかり話をして、自分が納得した上で調査をお願いすることが大切になってきます。
  



浮気調査に強い探偵ランキング 費用比較