浮気調査って実際はどんなことをするの?浮気調査を行う際には、浮気をしている事実だけを知りたい場合と離婚を想定する場合では、集める浮気の証拠の種類も変わってきますから、当然ですが浮気調査の方法も異なってきます。
 
 
浮気をしている事実だけを知りたい場合には、自分で浮気調査を行う方法で証拠集めをすることは可能ではありますが、リスクや注意点など気をつけて進めていかなければいけないことも、結構ありますから簡単なことではありません!
 
 
自分で行う浮気調査の具体的方法については、こちらをご参考下さい
自分で浮気調査をする方法
 
 
浮気が原因で離婚をする場合、裁判で争うケースも多く、浮気の証拠については裁判所にきちんと採用されるものを提出する必要がありますので、知識も経験もない素人が浮気調査を行うのはかなりハードルが高いものとなってしまいます。
 
 
離婚裁判で使うための浮気の証拠を集めるには、張り込みや尾行を行うことになってきますから、高い調査能力を持つ探偵に依頼するほうが確実に自分に有利な展開で進められるようになります。
 
 
ここでは、探偵事務所に依頼した際にどのような浮気調査を行うのか具体的方法についてお伝えしていきたいと思いますのでご参考下さい。

探偵が主にできる調査

探偵業を行うには、警察庁に届出を行っている必要があるのですが、警察庁から認められている調査というのが次の3つになります。

尾行

調査の対象者に気づかれずに、徒歩やバイク、車などを使って対象者の後をつける調査になります。
 
どこで、何時に誰と会ったか、どの建物に入っていったかなど、ビデオカメラを回したり、写真におさめたりしながら細かく記録する調査になります。
 
尾行する対象者に怪しまれたりバレたりしないような技術が必要な探偵の調査の中で最も重要なものになります。

張り込み

調査の対象者を監視する調査になります。
 
浮気の証拠となるラブホテルや浮気相手の自宅に入って出てくるまでの時間などを待ち続けるのですが、場合によっては、丸1日張り込みを行い証拠写真を撮ることもあり、結構ハードな調査なんです。

聞き込み

調査の対象者の友達や知人などに直接話を聞き、情報を集める調査になります。
 
聞き込みについては、浮気調査の場合は行うことはほとんどなく、主に人探しを依頼したときに行われる調査なんです。

実際の浮気調査で行うのは『行動調査』

探偵の浮気調査の具体的方法については、配偶者(調査の対象者)の行動調査がまずはメーンで行われます。
 
 
浮気している曜日などが事前に分かっていれば一日で調査が完了することもあったり、期間を絞って調査をしたり、お金はそれだけかかってしまいますが、依頼者が望めば1か月以上も毎日、24時間調査の対象者を尾行してもらうことも可能です。
 
 
会社を終えてから帰宅するまでの時間が怪しいという場合、対象者が会社を出てから帰宅するまでの時間を徹底的に尾行、張り込み、そしてその内容を細かく記録していきます。
 
 
その中で浮気相手と会い、ラブホテルや浮気相手の自宅に入って出てくるところを記録するわけです。
 
 
また、浮気相手がどこの誰か?というところまで調べる場合、不貞の証拠を掴んだ後、浮気相手の尾行や張り込みを調査の対象者の浮気相手が帰宅するまで続けることもあります。
 
 
浮気相手の素行調査も、浮気相手にも慰謝料を請求する場合などに浮気調査の一環として行われることがある調査ですが、この場合、配偶者の浮気調査とは別の調査として扱われるので、別途費用が発生します。
 
 
そして、移動の方法ですが、徒歩だけで調査ができるとは限りませんし、調査の対象者が想定外の行動をすることもあります。
 
 
なにより対象者に怪しまれたり見つかったりしてはいけないので、複数の調査員が無線や携帯電話で連絡を取り合いながら尾行します。
 
 
この際、スタート地点となるところに出口が2つあれば、調査員は最低2人は必要ということになります。

証拠撮影は最も大切

探偵が行う浮気調査の方法は、主に尾行・張り込みの2つに分けることができるのですが依頼後は、対象のパートナーの行動調査から始まります。
 
 
調査員は無線や携帯を使用してパートナーを尾行し、最終目標である浮気現場の証拠、つまりラブホテルや浮気相手の自宅へ2人で入る現場と出る現場の写真を撮影します。
 
 
ほとんどの調査会社は、途中で報告をしてくれるため、浮気相手の顔を確認したい場合は相手の顔を撮影してもらうといいと思います。
 
 
ラブホテルに入り、一定時間の経過後に出てきた現場を撮影することで不貞行為の証拠となり、調停でも有効になります。

調査報告書のサンプルを契約前に確認する

ビジネスホテルの場合は、建物の出入りだけでは不十分なため同じ部屋に入る所を撮影したり、場合によっては隣の部屋にチェックインし様子をうかがうこともあります。
 
 
密会場所が相手の自宅の場合は、言い訳ができてしまうため出入りだけでは証拠として弱くなってしまいます。
 
 
しかし、部屋にいるのに灯りが消えたり、滞在時間が2~3時間以上というケースが複数続いた場合は十分証拠として通用することができます。
 
 
調査終了後は、調査報告書として調査内容をまとめたものが渡されるのですが、調停などで使用する場合は、証拠として使えるかどうかしっかり確認するようにして下さい。
 
 
トラブルを防ぐためにも、依頼前に調査報告書のサンプルを自分の目で確認しておくことが大事になります。

浮気調査費用を抑える方法

浮気調査にかかる費用をなるべく抑えたいときは、依頼する前に自分でできる範囲の事柄を調べておくことで費用を抑えることができます。
 
 
具体的な方法としては、対象となるパートナーの毎日の行動や着信履歴、SNS履歴を記録することです。
 
 
記録をつけ一定の曜日や日に帰宅が遅いときは浮気相手と会っている可能性が高いため、ある程度目星を付けた状態で浮気調査を依頼するほうがいいわけなのです。
 
 
このとき役立つのが自分が記録したパートナーの行動記録で、ある程度日付が絞れていればその期間を重点的に調査を行えば良いため、費用を抑えることが可能になります。
 
 
また、契約前に報酬やキャンセル料を確認し、見積りをだしてもらい、不明な費用が発生しないかチェックした上で、納得してから浮気調査を依頼することが大切です。

まとめ

探偵が行ってくれる浮気調査の具体的方法をご紹介しましたが、自分でこの調査をしようと思うと、どれだけ困難なことかが分かると思います。
 
 
浮気調査の最終的な目標は、浮気の証拠を掴むことです!
 
 
自分で浮気調査を行う場合には、難しい点もありますが、知識があればある程度の浮気調査まではできるはずです。
 
 
但し、調停などで離婚裁判に発展するようなことになるのでしたら、自分で行った浮気調査で証拠として採用されものを提出できるかどうかは、かなり難しいと思います。
 
 
探偵事務所に浮気調査を依頼する際には

  • 警察庁に届出を提出している探偵社であること
  • 不貞の証拠をしっかりと集めてくれること
  • 自分の状況に合う料金プランであること

などを無料相談を利用しながら決めるようにして下さい



浮気調査に強い探偵ランキング 費用比較