探偵の浮気調査方法夫や妻の様子が最近おかしい、以前に比べて家にいる時間が減っていつもどこかへ出かけている、自分と目を合わせなくなった・・・など、パートナーの様子や行動に違和感を感じてしまうと、ずっとそれらが気になって仕方なくなるのは当然のことです。
 
 
もしかしたら浮気をしているのかも?と疑いを持ったことで、探偵に調査を依頼しようと考える人は少なくありません。
 
 
しかし探偵にお願いしたいと思っていても、「具体的に何をしてくれるのか?」「どんな調査の方法があるのか?」「裁判や調停で争う時にこちらが有利になるような書類を作ってくれるのか?」など不安な点が多々あると思います。
 
 
そして気になる「料金はどれくらいかかるのか?」などといったことも気になるところではないでしょうか?
 
 
そこで浮気調査を探偵事務所に依頼する際に浮かぶ疑問について解説して行きますので、参考にしてみて下さい。

探偵事務所へ依頼される方の実情

「パートナーの浮気が絶えないので離婚を考えているが、浮気をしているという証拠を掴んで慰謝料の請求に繋げたい」、「パートナーが浮気している疑いがあるので、きちんと調べて事実かどうかはっきりさせたい」といった浮気関連の調査を、探偵事務所に依頼する割合は全体の8割にも上っています。
 
 
そんな依頼の大半を占める浮気調査の他にも、勿論さまざまな調査の依頼が探偵事務所には持ち込まれています。
 
 
特に「ストーカー調査」は、全く知らない人から付け狙われているといった従来の形だけではなく、近年ではかつて身近な存在にあった元恋人から執拗にストーキングされているといった事例が増加している傾向があるのです。
 
 
ストーカー関連の案件は、尊い命が奪われてしまうという最悪の結果に発展してしまう可能性もあるため、迅速に対応して欲しい時にすぐに動いてくれる探偵事務所はとても心強い存在になるのではないでしょうか。
 
 
他にも家出などで行方不明になった人を探す「行方調査」や、対象者の日頃の生活、経済状況や学歴詐称の有無などを調べる「素行調査」や「個人信用調査」、「盗聴器の発見調査」や「子供の見守り調査」など、探偵事務所へ依頼される方の置かれた状況によってさまざまなケースがあります。

探偵の浮気調査方法

探偵事務所もいろいろな特徴があるのですが、実績のある優良な探偵事務所だと下記のような浮気調査の方法をとっていることが多いです。

パートナーの素行調査

車にGPSをつけて行動パターンをチェックする

浮気調査を依頼したら、実際にその探偵はどのように調査を行うのかとイメージした場合、ほとんどの人がすぐに「対象者を尾行する」と考えるのではないでしょうか。
 
しかし現実的に考えた場合、いつどこで浮気相手と会うのかもわからない状態のまま、四六時中対象者を張り続けるには限度がありますし、それに伴う費用も大きく膨れ上がってしまうため、時間やお金ばかりがかかって非常に効率が悪くなります。
 
そこですぐに尾行に移る前に、GPSを使って対象者の大まかな行動パターンを先に把握しておくことが大切になり、対象者が浮気相手といつどこで会っているのかの目安をつけておくと、その後の尾行調査をスムーズで確実に進めることが出来るようになります。
 
GPSは対象者の車などにつけることが多く、つける場所としてはトランクの脇ポケットや後部座席のシートの隙間といった車内を選んだり、マグネット付きGPSであれば車体の下につけるというケースも対象者にバレにくいのでよく使われるケースです。
 
ただ、車体の下は見つかりにくいというメリットがありますが、マフラーなどの熱が出る部分周辺につけると、その熱でGPSが故障してしまう恐れがありますし、場所によってはマグネットが取れやすい素材や形状の部分もありますので、設置する時には十分に確認しておくことをお勧めします。

浮気相手は探偵から逃れられない

浮気している人というのは、当然のことながら自分が良くないことをしているという自覚は少なからずあるため、その行動はコソコソと出来るだけ人目につかないように、ひっそりと行われる場合が多いものです。
 
そのため浮気をする場所についても、奥さんや夫などのパートナーの目につかない空間を確保していたりするもので、中には浮気相手と会うためだけに借りたアパートなどを持っている人もいるのです。
 
そんな隠れ家を別に持っている人だけでなく、浮気相手の家に転がり込んで、パートナーのいる家には帰らないという人も少なくありません。
 
いずれにしても物理的には奥さんや夫の目が届かない場所にいるということで、バレずに上手く浮気が出来ていると対象者は思いがちですが、GPSをつけてしまえばどれだけ離れた場所や隠れ家にいると思っていても、対象者の行動パターンは探偵に筒抜けになっているわけなのです。
 
さらには対象者の行動パターンだけに留まらず、GPSによって浮気相手の名前や住所といった素性まで判明してしまい、対象者本人だけの問題ではなくなってしまいます。
 
このようなことから、どこにいたとしても対象者や浮気相手は探偵の手から逃れることは出来ないのです。

GPS調査だけで浮気を特定することもある

尾行調査をする前にある程度の目星をつける目的などで行うGPS調査ですが、実はこのGPS調査だけでも浮気疑惑を掴むことが十分に可能な場合もあるのです。
 
例えば、夜中などに対象者がマンションやアパート前に車を停めた後、一晩中そこから車が動かず、翌日の朝や昼になってから車の移動が確認出来たなどの場合は、対象者がそのマンションやアパートなどに一晩泊まったことを意味し、そこに住んでいる人と浮気をしているのではという疑惑に繋がります。
 
また、対象者がマンションへ車を走らせ、そこで誰かを乗せてからホテルなどに行って車を駐車場に置き、そのまま一晩過ごしたという場合はそのマンションに住んでいる人と浮気をしているのでは?となりますし、会社から出たその足でホテルに向かったり、どこかで待ち合わせをしてからホテルやマンションに行った場合も、待ち合わせ相手や会社の同僚と浮気をしている可能性が高いということになります。
 
これらの例から、GPSによって対象者の動きがわかってしまうと、分析された行動パターンを元にして後の尾行調査で、ほぼ確実に浮気をしている証拠を掴むことが出来てしまうので、GPS調査だけで浮気を突き止められることもあるということを覚えておいて下さい。

GPSがバレる可能性はほとんどない理由とは?

GPSを自分の車やバイクなどにつけられたとしても、すぐにつけられたことをわかってしまうのではないかと思いますが、実際はつけられた人の多くが全然気づかなかったと、後になって驚きながら言うケースがほとんどです。
 
何故そんなにGPSはバレないのかというと、GPS発信機は実物はかなり小ぶりなサイズであることが多く、色も黒っぽかったりと地味で目立たない見た目なものが多いため、どこにつけたかわかりづらいということが挙げられます。
 
特にGPSをつける代表的な場所である車の下部分につけると、影になりやすいということもあってGPS発信機自体が周りと同化して判別しにくくなり、パッと見ただけではそこにGPSがあると思えない見た目になります。
 
さらには車の下などはあまり覗く機会も無い場所であり、たくさんの部品が設置してある煩雑な場所を全てくまなく探すという人はなかなかいませんし、GPSを取り付ける時にかかる時間も多くは必要ないため、設置している瞬間を目撃される可能性もかなり低くなります。
 
目立ちにくい見た目、設置される場所のわかりづらさや取り付ける時間の短さなどから、GPSはつけられた側からするとバレにくい存在ということになるのです。

尾行の方法

探偵社の一般的な尾行体制について

GPSを設置することによって、対象者の行動範囲やパターンなどが筒抜けとなることは先ほどお話しましたが、対象者の動き自体は把握出来るものの、GPSで掴むことが出来るのは残念ながらここまで、ということになります。
 
尾行調査を始める前提としてGPS調査はとても有効ですが、浮気などの決定的瞬間を捕らえるためには実際に探偵が出向いて、その現場を撮影することが必須です。
 
GPS調査で集めた情報をまとめて概要を把握したら、ここでやっと尾行調査が開始されますが、探偵社の一般的な尾行体制は1人のみで行うということはほとんど無く、2人以上の複数体制でチームとなって調査をすることが多いです。
 
何故かというと、決定的瞬間を目の当たりにしたとしても、1人では先回りしてターゲットの顔がわかる正面からの撮影をすることは難しいですし、万が一対象者に尾行を感づかれた場合、1人のままではその後の尾行が続けにくくなったり、探偵にとっての大失態である「失尾(しつび)」のリスクがとても高くなるからです。
 
2人以上の複数で尾行調査を行えば、1人が先回り要員として動くことが可能になって決定的瞬間を逃さずカメラに収めることが出来ますし、たとえ尾行に気づかれたとしても、その1人を切り捨てれば別の調査員がそのまま追跡を続けられるという「保険」としても、探偵社にとって複数人で行うことは有利な尾行体制なのです。

全国/海外と尾行範囲はどこまでも行う

高速道路などを使っての車での移動や、新幹線や飛行機を使って自宅から離れた場所に長距離移動したとしても、探偵はどこまでもついて来ますし、大規模な探偵社であれば全国各地に支社があることが多いので、対象者がいくら遠くに移動したとしても、その異動先の地域の支社に連絡が入り、その地域の探偵が先回りして待っているということも大いにあります。
 
驚くべきなのは国内だけに留まらず、探偵は海外までついてくることがありますし、その時も対象者が入国した現地の探偵とチームを組んで尾行調査をするということもあるのです!
 
「ここまで来れば大丈夫だろう」「さすがにもう追って来ないだろう」と勝手に判断して安心して、異動先のホテルや旅館、民宿などで浮気相手と休憩などしていると、その一緒に過ごしている瞬間を激写されてしまい、決定的瞬間の証拠をあっという間に掴んでしまうのです。
 
依頼者が選んだ探偵社や料金によっても尾行範囲は変わって来ますが、基本的に探偵が行う尾行調査の範囲は広大であり、対象者が思っている以上に執拗でどこまで遠くに行こうがずっとついて来るので、探偵の執念を甘く見てはいけないのです。

探偵の尾行が気づかれない理由

私たちのような素人が「探偵に頼むとお金がかかるし、尾行くらい自分でも出来る」と軽い気持ちで尾行をしても、対象者に最後まで気づかれずにやり遂げられる人はあまりいないのが実態なのです。
 
探偵は、探偵学校でさまざまな教育を受けていますが、もちろん尾行についてもしっかりと学んだノウハウなどが身についているので、相手に気づかれることなく尾行を成功させることが出来るのです。
 
複数人体制で行うことはもちろんのこと、探偵は対象者の行動パターンを徹底的に下調べした上で、スピーディーに移動するテクニックや不自然に思われにくい動きなどをマスターしていたり、超小型の高性能マイクや時計型カメラといったハイテクアイテムを駆使して、素人では不可能な場所での撮影や、音を拾いにくい場所でもしっかり集音を可能にし、重要な証拠を手に入れる技術を持っています。
 
さらには変装道具も大掛かりなものをイメージしがちですが、実際は上着などサッと羽織って全身の色合いに変化をつけたり、帽子やメガネなどで頭部や顔周りに変化を加えることで、パッと見た時の印象を別人にすり替える方法を身につけています。
 
探偵ならではのハイテクアイテムを使うだけでなく、身の回りのちょっとした変化にも気をつけているので、探偵の尾行は気づかれにくいのです。

証拠写真のおさえ方について

尾行調査では、対象者を見失わず確実に追跡することと同時に、証拠を記録として残すためにたくさんの写真や動画を撮影することが、とても重要なポイントになります。
 
尾行している対象者や浮気相手が、その追跡中のどの瞬間に浮気と思える素ぶりや行動を見せるかは、さすがの探偵もピンポイントに予想することは困難なため、何でもない瞬間も含めて四六時中撮影していると考えておいた方が良いと思います。
 
例えば、対象者が

  • 電車やバス、徒歩などで移動しているところ
  • 駅や店舗の前で待ち合わせしているところ
  • 浮気相手と会ったところ
  • 浮気相手と会ったところ
  • 一緒に道を歩いているところ
  • 手を繋いでいるところ
  • レストランやカフェに入るところ
  • 一緒に食事をしているところ
  • デパートなどで買い物をしているところ
  • 一緒にマンションなどに入るところ

などなど、撮影する場面を挙げたらキリがありませんが、これくらい細かくさまざまな場面を探偵は尾行しながら撮影をしているのです。
 
まるでコマ送りのフィルムのように、細かく細かく写真や動画を撮影して記録を残していることで固められた証拠を目の前に出されてしまえば、対象者や浮気相手はもはや言い逃れは出来なくなってしまうのです。

張り込みの方法

一晩中張り込みを行う

浮気調査依頼を受けた探偵が、尾行によって対象者が浮気相手と会っている場所などを特定した後は、張り込みをしてその証拠となる決定的瞬間を撮影することになります。
 
法律上、「浮気」とは「肉体関係を持つこと」とされているので、手を繋いだりキスをしたりといった行為のみでは浮気の証拠とは言えないため、ターゲットが肉体関係を持ったということがはっきりとわかるような写真や動画を撮影する必要があります。
 
具体的に言うと「対象者が浮気相手と一夜を共にした」ということがわかる証拠が必要なので、それらの証拠を押さえるために探偵は一晩中張り込みを行うことになるわけなのです。
 
浮気相手のマンションやアパートで一晩を過ごしたり、旅先のホテルや旅館などに一泊したなどの場合は、その行動が不貞行為であるとほぼ確実に見なされることになります。
 
対象者の「不貞行為の証拠」があれば、裁判などで依頼者側の立場が圧倒的に有利なものとなりますので、探偵も不貞行為の証拠を掴むために必死です。
 
「まさかそこまでやるとは」と思ってしまいがちな探偵の張り込みですが、生半可な気持ちで行なっているわけではないので、探偵を甘く見ないように気をつけた方が良いと思います。

探偵の張り込みがバレない理由

優秀な探偵社が行なっている浮気調査の約9割は、対象者に一切知られることなく調査が終了しているというデータがあるため、浮気をしている証拠を探偵社はほぼ確実にがっちりと掴むことが出来ていると言えます。
 
何故バレることなく張り込みが出来るのかと言うと、探偵学校や社内での訓練を受けて、張り込みのテクニックやスキルを磨き、そのノウハウまでしっかり身につけているからです。
 
浮気調査にはいくつかの段階がありますが、張り込みはターゲットの位置や行動を既に把握してから行うものであるため、証拠を押さえるという浮気調査の最終段階である張り込みでは絶対に失敗は許されません。
 
そこで探偵はさまざまなノウハウを利用して、バレないように細心の注意を払いながら張り込みを行います。
 
例えば車内で張り込みを行う場合は、ワゴン車の2列目以降の座席で待機し、窓にはカーテンやフィルムを施して外から見えづらくなる工夫をしたり、エンジンを切って無人車両であることを装うことが多いです。
 
車は使わず路上などでの張り込みで建物から出てくる対象者を狙っている場合は、その出入り口に対して真正面の位置での張り込みは避け、斜め方向や対角線方向で張り込みます。
 
このように探偵は対象者の視界に入りにくい角度や位置を熟知しているので、張り込みに気づかれることはとても少ないのです。

張り込み先の証拠写真について

張り込み先で証拠となる写真を撮影する時、張り込み先が浮気相手の家などの場合は不貞の証拠になりづらいという性質があるので、ホテルが張り込み先である場合と比べて、建物に出入りする写真を出来るだけたくさん撮影する必要があります。
 
例えば浮気相手の家がマンションやアパートといった集合住宅の場合は、個別の部屋の玄関ドアやマンションのエントランスから出入りする姿を撮影するために、玄関ドアやエントランスが見える場所を確保してカメラを構えます。
 
その際に一番最適なアングルは出入り口の正面で、特にマンションのエントランスであれば基本的に出入り口はそこしか無いため、確実にここから出ることになるのでキャッチしやすいですし、正面からの撮影であれば対象者や浮気相手の顔もしっかり撮影することが可能です。
 
浮気相手の家が一軒家の場合は、家の前の道路が狭いことが多いので正面に車をつけにくいため、玄関の正面での撮影は避ける傾向があります。
 
しかしその代わりに、玄関だけでなくベランダも証拠写真を撮れる可能性の高い場所で、例えば下着姿の対象者がタバコを吸うためにベランダに出て来た瞬間を撮影出来るなどのチャンスがあるため、玄関正面は難しかったとしてもベランダが撮影出来るかどうかも大切なポイントになります。

探偵の浮気調査報告書

一般的な探偵事務所の書式や内容

浮気調査を探偵事務所に依頼すると、調査が終了した時に「調査報告書」という書類を受け取ることが多く、その調査報告書の書式や内容は探偵事務所によって異なってきます。
 
基本的には対象者が「いつどこで何をしていたのか」「何時にどこへ行ったのか」「誰と一緒にいたのか」などの細かな記録から、浮気をしている相手の住所や氏名、勤務先といったところまで記されている場合が多いです。
 
調査報告書には対象者の行動のほとんどに日付や時間が記載されており、その行動に伴う写真と説明文も記載されているので、浮気の確固たる証拠となり、裁判や調停において依頼者にとってはとても有効な存在になるのです。
 
書式や内容と共に、調査報告書はその精度の高さも非常に重要で、浮気をした決定的瞬間のみの記録だけではなく、「どこで待ち合わせたか」や「どういった方法で来たか」などのその前後の対象者の動きも含めた記録があれば、対象者側から「たまたまこの時に会っただけ」といった言い訳をされることなく、以前から浮気をしていたのだという確信に近づきやすくなります。
 
揺るぎようのない浮気の証拠と、裁判や調停で有利に事を進めるためには、わかりやすく精度の高い調査報告書を作ってくれる探偵事務所へ依頼することがとても大切なポイントになるのです。

浮気証拠写真について

調査報告書でどれだけ事細かく対象者の動きについて記録していたとしても、文章だけでは対象者に「これは探偵の作り話だ」と言われてしまえば、その後は何も言い返すことが出来なくなってしまいます。
 
その点、浮気に関する写真もきちんと添付されていれば、対象者は言い逃れが出来なくなるので、浮気証拠写真は調査報告書の中でも最も重要なものと言えます。
 
浮気の証拠写真とは、具体的には「手を繋いでいる写真」「キスをしている写真」「旅館や相手の家などに一緒に出入りする写真」などが挙げられますが、この中でも特に浮気証拠写真として裁判などで採用される可能性が高いのが「一緒にラブホテルへ出入りする写真」です。
 
法律では「浮気=肉体関係を持つ」とされているので、肉体関係を結ぶ場所と一般認識されているラブホテルに出入りする写真が提出されれば、対象者が「具合が悪くなったので休んでいただけ」などと言ったとしても、その言い訳はほぼ通用しなくなります。
 
そんな文章以上に説得力のある浮気証拠写真ですが、後ろ姿ではなく顔がはっきり判別出来る前から撮影された写真が撮れて、尚且つたくさんの枚数を撮れる技術を持った探偵事務所が望ましいです。
 
後ろ姿だけの写真や1、2枚しか証拠写真が無かったりすると、浮気の証拠として認められにくくなるため、調査能力と同様に撮影技術の高い探偵事務所に依頼するようにして下さい。

素行調査は経路図や地図などで表記されている

対象者の詳しい行動についての記録や証拠写真だけではなく、地図や経路図といった書類も調査報告書の中の立派な内容の1つになります。
 
対象者がどこからどこへ移動したか、途中で立ち寄った場所や浮気相手と一夜を共にした場所などを地図を使ってわかりやすく表記されていたり、その地図上に対象者と浮気相手の行動経路も記されることで、さらに具体的にターゲットの動きが視覚化されて浮気の証拠を固める要因となるのです。
 
地図や経路図に記載される情報は、ホテルや相手宅といった浮気に直結する場所だけではなく、食事で立ち寄ったレストランやカフェやファストフード店、デート現場のテーマパークや水族館、さらにはどのような方向から駅に出入りしたかなどまで、対象者が思っている以上に細かく詳細に記されています。
 
そして最初にGPS調査を行なっていた場合は、その後の尾行調査や張り込みに段階が移っても、GPS発信機は引き続きターゲットの車などについているのが通常なので、GPSで計測したデータも調査報告書を提出する際に一緒に出されることになります。
 
地図や行動経路を記した図面に加えて、GPSデータも同時に提出されることで、調査報告書の説得力がさらに増すことになるのです。

時間ごとに細かく詳細が記載されている

調査報告書にはたくさんの写真や動画が添付されていて、それぞれの内容について詳細に説明した行動記録も添えられています。
 
例えば、「○年○月○日 午前○時○分 ■■が○○駅○番線ホームにて○行きの電車に乗車」「午後○時○分 ■■が▲▲とレストランに入店」など、すべての写真などについて細かく時間を区切って、誰とどこへどうしたという細かい内容になっているのです。
 
対象者や浮気相手が乗った電車やバスの時刻、どの駅のホームや停留所からどこ方向に向かったか、立ち寄った施設の名称や車を使った移動をしていればその車種や車体の色、ナンバーなどがくまなく記されています。
 
この行動記録は、細かく具体的に記録されていることも大切ですが、同時に「○時頃」といった曖昧な表記ではなく「○時○分」と明確に記録されているかということも重要ですし、添付された写真に映っている対象者や浮気相手の会話内容まではわからなくても、どのような様子で話していたかといった人物の様子や風貌を詳しく記載しているかも大切なポイントになります。
 
ただ記録は細かくまとめながらも、探偵の推測は入れずにありのままの行動を記した客観性のある内容であることも重要で、もし探偵の主観や曖昧な記載が盛り込まれてしまうと正確な情報を得ることが難しくなります。
 
そして行動記録を読んだ依頼者を事実とは違う方向に誘導してしまうことにもなりかねないので、慎重に確実に記録をつけることが必須条件になるのです。

探偵事務所の料金について

探偵事務所によってはホームページなどで料金表を載せていることがあるので、そこにある金額を見て「総額がこれくらいならお願いしようかな」と依頼を決め、いざ探偵事務所に足を運んで相談の結果提示された金額が、自分が思っていた金額よりも高くなっていてビックリしてしまった・・・というのはよくあることです。
 
どうして料金表よりも高い金額になってしまうのか、探偵事務所ならではの料金の仕組みを事前にしっかりと把握しておく必要があります。
 
浮気調査といった通常の調査を行うための調査員の人数は、基本的に2~3名であることが多く、その人数での「1時間あたりの単価」がまず基本中の基本として押さえておくべき金額となります。
 
何故通常の調査員の人員が2~3名体制であるかと言うと、複数いれば交代でトイレに行くことが出来ますし、調査中の現場から目が離せないなどの場合は一方が先回りしたりして調査の範囲を広げることが可能になり、連携することで全体の質が向上してよりレベルの高い調査をすることが出来ます。
 
現場などによってもちろん変わって来ることはありますが、多すぎず少なすぎずの2~3名体制が一般的な調査であれば十分な人数とされているので、料金を確認する時は2~3名での1時間あたりの単価をチェックすることが基本となるのです。
 
そしてその探偵料金の相場ですが、探偵事務所によって違いもありますが、現実的な料金の平均値としては「2名1時間の単価で1万5千円~2万円前後」、「3名1時間の単価で2万2千円~3万3千円前後」であると考えて下さい。
 
この料金には「付加料金」として様々な費用が含まれており、ビデオカメラなどの機材料金や深夜割増・延長割増などの割増料金の他、報告書作成料金や緊急出動料金、調査時間の最小単位である繰上げ時間や最低調査時間に時間単価を掛け合わせた料金などの種類があります。
 
この他にも調査中にかかった諸経費なども後でプラスされますが、この諸経費は調査にかかった実費なので、基本的に探偵事務所によって大きな差は出にくいですが、中にはどう見ても調査とは関係のない飲食代金を高額請求する悪徳探偵事務所も存在しますので注意が必要です。
 
ホームページの料金表や調査員の時間単価だけが探偵事務所の料金では無く、細かな決まりごとに沿ってさまざまな料金が加算されるのが普通ですので、契約を結ぶ前に十分探偵事務所と相談をして大まかな総額を見積もってもらい、それらをしっかりチェックして納得の上で契約をするようにして下さい。
 
 
浮気調査に関する費用などは、なかなか分かりづらいものになっているのが実態ですから、こちらの記事を参考にしてみて下さい。

まとめ

身近な存在であるパートナーの浮気は、疑いを持つだけでも辛いことではあります。
 
しかしはっきりした証拠も無くただ疑って悶々としている状況を続けるよりも、思い切って浮気調査のプロである探偵事務所に依頼して、浮気の証拠が見つからなければ勘違いだったと安心出来ます。
 
一方で浮気の証拠を探偵が掴んだ場合はショックではあると思いますが、ご自身の心に区切りをつけて離婚や慰謝料といった次の段階に一歩を踏み出すきっかけにもなりますので、パートナーの浮気が疑われる状況にあるのであれば、まずは探偵事務所に相談してみることをお勧めします。



浮気調査に強い探偵ランキング 費用比較